Home NEWS 晴天の春らしい気候の下、上質のシャブリを頂きました。

晴天の春らしい気候の下、上質のシャブリを頂きました。

by 酒宝庫 MASHIMO

みなさん、こんにちは。
酒宝庫MASHIMOブログ・今回の担当は川上がお送りします。

昨日の悪天候から一転・・・
本日は打って変わって素晴しい春のような晴天。
とても気持ちがいいです。

そんな午後の昼一番。。。

ワインのインポーターさん、株式会社ファインズ・当店担当の
田上さんにご来訪頂きました。

この株式会社ファインズさんは、日本有数のワインのインポーター様で
さまざまな世界の国々のワインを提供して頂けるインポーターさんでもあり
当店もかなりお世話になっているインポーターさんです。

せっかくファインズ田上さんに来て頂いたので、
ファインズさんが年間で一番売り上げられている
『ウィリアム・フェーブル・シャブリ』をご紹介いたしましょう。

シャブリとは・・・

フランス・ブルゴーニュ最北の産地、シャブリ地区。
この地で栽培されるシャルドネ種のみをシャブリと明記させることが出来るのです。
シャブリ地区で栽培されたシャルドネ種は、他の地区のシャルドネ種とは違い、
多くのミネラル分を含みます。このミネラル分とキレキレのシャープな酸味が
合わさり、爽快で上品さを備えた味わいの仕上がりのです。
特に魚介類と相性が抜群なので、特に魚好きな日本人には昔から相性が
いいんでしょうね。

【メゾン・ウィリアム・フェーブル・シャブリ 2017 750ml】

恐らく日本のシャブリ市場で一番多く飲まれている
シャブリなのではないでしょうか?
シャブリのスペシャリスト、代名詞と言っても過言ではありません。

ウィリアムフェーブルの最大の特徴と言えば、
なんといっても100%手積みによりシャルドネ種のみを使用します。
なんと9割以上のシャブリが機械で摘まれることが多いですが、
一房一房丁寧に手積みしている分、ぶどうの成分が壊れることなく
高品質な状態を保ったまま醸造することが出来るのです。
そう、栽培から手間がかかっているんです。

今日は贅沢に1本開けちゃいました。。。。

コルクを開けた瞬間からひろがる爽やか~なレモンや青リンゴの
香り!(本日の晴天に非常にマッチしていました)

淡いレモン色、そして口の中に・・・

フゥ~と鼻から突き抜けるこれまた爽やかなミネラル感が
心地いい~

そして喉ごしもすっきり!!

さすが、フェーブルのシャブリ。
キンキンに冷やして、ここに舞鶴産の岩がきがあれば最高でしょうね。

時間があれば、春の旬の食材と合わせて
ゆっくりとそしてまったりと・・・・
このフェーブルのシャブリを楽しんで頂きたいものです。

メゾン ウィリアム フェーブル シャブリ [2017] 750ml 

Related Articles

Leave a Comment