もし、ワインで発毛することができるなら…

こんにちは、酒宝庫 MASHIMO 店長の川上です。

さて、2月12日のニュースで「ワイン成分で発毛促進か ロート製薬が発見、応用へ」という記事がありました。

ロート製薬が、ワインなどに含まれる酸味成分「酒石酸」に頭皮の細胞から発毛促進物質の産出を増加させる効果があることを発見し、新たな製品開発に生かそうと研究を進めている。ロートは医療分野で培った知見を生かして昨年から発毛剤市場に参入しており、早期に詳しいメカニズムを解明し、応用につなげたいとしている。

酒石酸はワインやブドウ、レモンといった酸味や苦味のある果物に含まれ、皮膚を弱酸性の状態に保ったり、微生物の増殖を抑制したりする効果で知られている。

ロートは酒石酸が持つこうした皮膚の細胞に対する強い作用に注目し、研究に着手した。

ワイン成分で発毛促進か ロート製薬が発見、応用へ | 共同通信

ワインに含まれる酒石酸は、よくコルク部分に結晶状に付着して現れ、不良品やカビなのではないか? というお問い合わせがお客様からもごくたまにあります。

これは特に不良商品という訳ではなく、ワインに含まれるカリウムと酒石酸が結合して結晶化した「酒石酸カリウム」という物質が、ワインコルクなどに付着しているもので、酒石酸が表面化しているということは、むしろそれほどワインの旨み成分が凝縮しているということなのです。

この「ワインのダイヤモンド」とも言われる酒石酸。この世の男性の皆様においても、まさに「発毛のダイヤモンド」となることを期待せずにはいられませんね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください