アメリカワインの魅力!!                       ナパ・ジャズ2013 

“マッケンジー・ミューラー”

『ロバート・モンダヴィ』

の醸造長を務めたボブ・ミューラー氏が

妻のカレン・マッケンジーと始めた

小さなガレージワイナリーです。

ボブ・ミューラー氏は父の畑仕事を

手伝いながら栽培・醸造を基礎から

学ぶため、UC デイ ヴィス校へ進み

(※世界でも屈指の生物及び 農業関連の研究設備を誇る名門校)

修士課程を終了したのちは

父の親友、ロバート・モン ダヴィ

の元で畑ごとに 特徴が異なるブドウを

どのように質の高いブドウに育て、

モンダヴィワインを安定した状態で

質を高めていくかが大きな仕事となり

ブドウの買い付けにも深く携わりました。

モンダヴィで栽培と醸造の

経験を数年重ねたボブは 1979年、

同じナパ・ヴァレーの農家の家庭に

育った妻のカレンとオーク・ノルの

ビッグ・ランチ・ロードに畑を買い、

加えて1989年 にはカーネロスに土地を

買い、ブドウを植え、ワイナリーを

興しました。

マッケンジー=ミューラーは

1990年に500ケースのワインを 初リリースした後、

畑を拡張して徐々に

生産を増やしてきま したが、

今日も年産2000~3500ダースの

“少量生産”を続け、

ハイクオリティのクラフトワイン

リリースしています。

マッケンジー=ミューラーは

ワイン&スピリッツ紙で2000年、

エステート・ワイナリー・

オブ・ザ・イヤー受賞

マッケンジー=ミューラーが手がける

ナパ・ジャズ

印象的なラベルと、その名前「ジャズ」は即興によるブレンドとのこと。

質・量ともに申し分のないヴィンテージ。

2013年はナパ・ヴァレーにおいて間違いなくプレミアム・ヴィンテージのひとつに数えられる。

カベルネ、フランを主体とした

深い赤色が淵どった鮮やかな色調で、

ブルーベリー、チェリーの果実の

アロマに、カベルネ・フランの特徴である

スミレの香りが浮き立つ。

熟したレッドチェリーの果実味は

きめ細やかなテクスチュアにフォーカスされ、清涼感のある酸味がエレガントにまとめている。

バランスのよいミディアムボディで、

空気に触れると、層となった風味が

より大きなスケールとなって開いてくる。

華やかでありながら しっかりと重みのあるワイン。

アメリカワイン好きなら一度は口にする

価値あり!です。

【マッケンジー ミューラー】 ナパ ジャズ [2013] 750ml・赤 【McKenzie-Mueller】 Napa JAZZ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください